Apple、iPhoneやMacを修理した顧客に再びAppleCare+を購入する機会を提供

Apple、iPhoneやMacを修理した顧客に再びAppleCare+を購入する機会を提供

Appleは、iPhoneやMacの修理で高額な自己負担を強いられた顧客に対し、いくつかの条件付きではあるが、AppleCare+に加入するセカンドチャンスを提供しています

Appleの社内メモによると、Apple StoreまたはApple正規サービスプロバイダでiPhoneまたはMacの修理を受けたお客様は、購入から1年以内で、修理後の物理的検査と診断に合格した場合に限り、AppleCare+を購入することができるようになりました

AppleCare+ for Mac 00001

iPhoneがApple正規サービスプロバイダによって修理されたものかどうか不明な顧客のために、iOS 15.2では、「設定」>「一般」>「情報」で新しい「部品およびサービス履歴」が導入され、バッテリやディスプレイなどのコンポーネントがAppleの純正部品かどうかが示されるようになります、このソフトウェアアップデートは早ければ来週にもリリースされる見込みです

スポンサーリンク


ただし、AppleCare+の保証を受ける前に修理が完了した場合は、Appleの保証外費用を支払う必要があります

このポリシーは、AppleCare+が利用可能なすべての国および地域のApple StoreおよびApple正規サービスプロバイダーで適用されます

これにより、修理された「iPhone」と「Mac」に対する「AppleCare+」の利用資格が拡大することで、Appleのサービス売上高はさらに増加するはです

(Via MacRumors.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)