AppleのApp Tracking Transparencyが広告主に15%から20%の売上減をもたらす

AppleのApp Tracking Transparencyが広告主に15%から20%の売上減をもたらす

モバイルマーケティング担当幹部によると、Appleの 「App Tracking Transparency(アプリのトラッキングの透明性)」 機能によって、iOSの広告主の売り上げは15%から20%減少しているとのことです

GamesBeatとのインタビューで、Consumer Acquisition社のBrian Bowman氏は、AppleがIDFA(Identifier for Advertisers)トラッキングに変更したことで、「一部の顧客の売上高は30%から40%減少ししました、他の人たちは影響をあまり感じていません、様々です」と述べています

広告売上が急落したことに加えて、iOSの広告主は、原因不明の自然検索の増加にも気づき始めています、つまり、広告主は特定の消費者に合わせて広告配置を調整することができないことを意味します

Bowman氏によると、ATTの影響はまだ完全には感じられていない、広告主は、iOS 14.6の普及率が80%に達してから約30日後に、この機能の効果を実感し始めると言います

スポンサーリンク


非常にハイエンドな分野では、IDFV ( IDentifier For Vendor ) を囲い込んでいる企業は、より良い成果を上げる道を歩んでいますが、広告収入に依存する中小企業は適応する必要があります

Consumer AcquisitionはATTを批判することで知られており、これまでもAppleがIDFAの追跡を禁止する動きを声高に批判してきました

2021年初頭にリリースされたAppleのATT機能は、ユーザーがオプトインしない限り、消費者データのトラッキングを制限するものです

5月の時点では、iOSユーザーのうち広告トラッキングに同意しているのはわずか4%でした、GamesBeatによると、7月の時点で、この数字は約20%に上昇しているようです

(Via Apple Insider.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)