MagSafe Battery Packは、iPhone 12が実際に逆方向のワイヤレス充電が可能であることを示唆している

MagSafe Battery Packは、iPhone 12が実際に逆方向のワイヤレス充電が可能であることを示唆している

Appleは、iPhone 12ラインナップのための公式パワーバンクである新しいMagSafe Battery Packを発表しました

仕組み

AppleのMagSafe Battery Packは、その名が示すとおり、昨年のiPhone 12で導入された新しい規格「MagSafe」に基づいています

磁石とNFC技術を組み合わせることで、アクセサリーをiPhoneの背面に完璧に取り付けることができるだけでなく、高速誘導充電でiPhoneを充電することができます

ケーブルを差し込んだり、LightningでiPhoneに接続したりする必要がなく、MagSafe Battery PackをiPhoneの背面に置くだけで、外部バッテリーを使用することができます

リバースワイヤレス充電

MagSafe Battery PackをiPhoneに装着した後、iPhoneを電源に接続すると、両方の充電が可能になります

MagSafe Battery PackをiPhoneに接続し、iPhoneを電源に接続して両方を充電することもできます、有線のCarPlayを使っている場合や、Macに写真を転送している場合など、充電中にiPhoneを別のデバイスに接続する必要がある場合は、この方法で充電できます

スポンサーリンク

噂と次の展開

2019年当時、「iPhone 11」にこの機能が搭載され、ユーザーはiPhoneだけでAirPodsやApple Watchまで充電できるようになるのではないかという噂がありました

これはAppleから発表されることはありませんでしたが、iFixitは逆ワイヤレス充電に関連する可能性のある新しい基板を発見しました

iPhone 12の発表後、FCCの提出書類から、現行世代のiPhoneが確かに逆方向のワイヤレス充電に対応していることが明らかになりましたが、Appleはそのことについて何も言及していませんでした、そのため、もしかしたらこの機能はもう1年延期されたのではないかと考えられています

(Via 9to5Mac.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)