Apple、M1 MacのSSD摩耗レポート問題をmacOS 11.4で解決

Apple、M1 MacのSSD摩耗レポート問題をmacOS 11.4で解決

Apple Silicon MacのSSDの摩耗を報告するレポートツールに関するこれまでの問題は、macOS 11.4で修正されたようです

ソリッド・ステート・ドライブ(SSD)は、使用できなくなるまでに何度も書き込まなければならないが、それには何年もかかります、しかし、2021年2月の一連の報道では、M1 Macに搭載されているSSDについて、その寿命がかなり短くなっていると思われました

当時、AppleInsiderによると、Apple社内の、会社を代表して発言する権限を持たない関係者は、SSDの摩耗を報告するためのツールの中で、データの報告ミスがあったと話していました

その情報源によると、これはSSDの実際のハードウェアの問題ではないと考えられており、また、RAMスワップやその他の理由でSSDの経年劣化が以前よりも著しく速くなっているわけでもないとのことでした

スポンサーリンク


今回、同じ情報源がAppleInsiderに語ったところによると、この問題はmacOSの最新版で修正されているとのことです

また、AppleInsiderは、macOS 11.4がこれまで報告されていなかった稼働時間の統計情報を適切に報告していることを独自に確認しています

これとは別に、Apple SiliconのLinuxへの移植に取り組んでいる開発者の一人である、開発者のHector Martin(@marcan42)氏を含むTwitterのユーザーも、現在この問題が解決されたことを報告しています

(Via AppleInsider.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)