iFixit、AirTagのX線撮影と分解で外側からと内側からのレポートを公開

iFixit、AirTagのX線撮影と分解で外側からと内側からのレポートを公開

iFixitは、X線撮影と分解で外側からと内側からのレポートで「Tile Mate」とSamsungの「Galaxy SmartTag」のライバルのトラッカーとAirTagを比較しています

この3つの中では、AirTagのメントスのようなパックが最も小さい、その大きさは50セントコインほどで、電源であるバッテリーと大差ありません、コンパクトさを追求するAppleの意向を受けてか、AirTagはキーホルダーの穴をなくすことでコーナーをカットしています

IFixit AirTag 00002

言うまでもなく、Appleは必要な機能を付加価値の高いアクセサリーにしてきた歴史があります。サムスンはUWB版のトラッカー「SmartTag+」を発売したばかりですが、正式な発売日から2週間が経過しても、今回の取材では、その1つを手に入れようとしたが、アメリカでは手に入れられませんでした

初期の特許申請では、AirTagsは誘導式充電器で充電することが示されていました、Tileの16mmセルが約66Whの容量であるのに対し、AirTagsは約50Whの容量しかありません

スポンサーリンク


一見すると、小さなイヤホンに搭載されている電池と同じように見えますが、これは長時間電力を消費するためのものなので、その痕跡が残っています

SamsungのSmartTagは、公式の侵入保護等級がない唯一のトラッカーです。これは、回路基板を保護する最も厚い粘着バリアがあることを考えると、驚くべきことです

IFixit AirTag 00003

AirTagの中に入ると、MateやSmartTagのようなクリックできるボタンではなく、先ほどのX線写真で見たマグネットで、マグネットはドーナツ型のロジックボードの中に入っており、銅のコイルと入れ子になってスピーカーを構成しています

(Via iFixit.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)