AirTag、どれだけ離れて探せるのかテストしてみました

AirTag、どれだけ離れて探せるのかテストしてみました

AirTagが到着しました、刻印入りは現在は上海でフライト待ちのようです

AirTag 0430 00003

本日到着したのは、AirTagとApple Leather Key Ring、猫に付けようと思っているbelkin Secure Holder with Storapです

AirTag 0430 00002

今日到着したのは車のキーに付ける予定のものです、iPhoneとの接続は実に簡単で通電を止めているシールを引き抜くと、AirPodsと同じようにiPhoneに表示されるので、接続をタップしてこのAirTgaに名前を付けます
AirTag 0430 00011

  1. AirTagを選択するのは、「探す」アプリの「持ち物を探す」を選択します
  2. 探すAirTagを選択し「探す」をタップすとスピーカーボタンが表示されます
  3. これをタップするとAirTagからサウンドが聞こえてきます

実際に寝室のベッドの下にAirTagを置いて、他の部屋から探してみました、iPhone 12 Pro Maxを使ったので、実にびっくりするくらいドンピシャで場所を特定出来ます

スポンサーリンク


次に、外に出て実際どのくらいの距離でAirTagを認識するのか確認してみました、マンション内の公園の潅木の中に置いて探すを実行しました

AirTagから15m位でAirTagに接続出来ますが「信号が弱いので、別の場用に移動してみてください」と表示されます

さらに近づくと「13m」が表示されます、「8.3m」から近づくと距離が「8.2m、8.1m、8m・・・」と表示かかわっていき「6.5m」で矢印と方向が表示し始めます

AirTag 0430 00009

「0.9m」でこの周辺と表示されます、置いた場所の上までくると「ここ」と表示されます

AirTag 0430 00010

実際に置いたのは潅木の下なので、iPhoneを持った高さが1m位あり、そこから下にiPhoneを下げ10cm位まで近づくと、サウンドが鳴りAirTagのアイコンが表示されました

AirTag 0430 00007











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)