iPhone 13のA15チップの量産が予定より早く始まる

iPhone 13のA15チップの量産が予定より早く始まる

新しい報道によると、今年のiPhone 13ラインアップでデビューするA15 Bionicチップの量産は予定より早く開始されるとのことです

公開されたDigitimesのプレビューによると、AppleはiPhone 13ラインアップのリリースを予定通りに行っています、新しい報道によると、今年のiPhoneに搭載されるA15 Bionicの量産は予定より早く、5月末に予定されています

以前の記事では、AppleはA15の生産目標を達成できないかもしれないと言っていましたが、新しい記事では、Appleが今年のiPhoneの生産を軌道に乗せていることを確認されました

A15 Bionicは、A14 Bionicと同様に、5nmという同じ製造サイズを維持することになります

同記事によると、AppleとTSMCは今年のiPhoneプロセッサーの「高度な」製造プロセスを達成したとされ、Appleは一般的にiPhone用Aシリーズチップの量産を3月に発注するが、新しい「強化された」製造プロセスが遅れを埋め合わせる可能性があります

スポンサーリンク


Appleは、A15 Bionicチップの製造契約とともに、今年後半に4nmチップの製造契約をTSMCに引き渡す予定です

4nmチップは、AppleのSilicon iMacに搭載されると予想され、Apple Silicon iMacは、Apple史上最大のディスプレイを搭載すると予想されています

iPhone 13は、昨年発売されたiPhone 12の適切なアップデートとなることが判明しています、iPhone 13は、内部処理が高速化され、リフレッシュレートが120 Hzのディスプレイが改善され、カメラがアップデートされると予想されています

(Via iPhone Hacks.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)