FaceTimeグループ通話のスパムが増加している

FaceTimeグループ通話のスパムが増加している

Appleデバイスのユーザーは、FaceTimeグループ通話のスパムが増加しており、一部のユーザーは、ほとんど効果のない組み込みのプライバシー保護機能のために、数百の不明な番号のブロックを余儀なくされています

Apple Support Forumsのスレッドやソーシャルメディアへの投稿で詳しく説明されているように、FaceTimeユーザーは知らない番号やアカウントからの大量のグループ通話に直面しています

これらのコールは「困らせる人」の仕業であると考えられており、連鎖反応を引き起こして短期間に複数回のコールバックを連続して発生させることがあります

この問題を最初に報じたArsTechnicaが指摘しているように、いたずら者はFaceTimeのグループ通話機能を使って一度に31件の番号に電話をかけることができます

グループ内の1人が電話を切った場合、またはコールが失敗した場合は、別の番号からの2番目のコールが全員にコールバックされます、これらの二次呼び出しは、通常、混乱したユーザーから返されます

迷惑電話は少なくとも昨年から問題になっています

スポンサーリンク


Appleのセキュリティー対策は、大量のFaceTimeスパムを防ぐにはほとんど役に立ちません、現在、ユーザーは個々の番号やアカウントをブロックすることはできるが、グループをまとめてブロックすることはできません

つまり、受信者はいたずらごとに31件の番号を手動でブロックしなければならないかもしれません

Appleは、FaceTime通話をユーザーのアドレス帳にすでに登録されている番号に制限するオプションも提供していません

もっと抜本的な解決策としては、FaceTimeから携帯電話番号の関連付けを解除したり、FaceTimeを完全に無効にしたりする方法がありますが、どちらのオプションでも、ユーザは必要なコールを受信できません

(Via Apple Insider.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)