Apple、全アプリのプライバシーラベルを表示する新しいWebサイトを公開

Apple、全アプリのプライバシーラベルを表示する新しいWebサイトを公開

透明性をさらに高めるため、Appleは今日、同社のPrivacyウェブサイトに、Appleが開発した全アプリのプライバシーラベルを表示するセクションを追加しました

iOS 14.5のメジャーアップデートである 「App Tracking Transparency」 に先立ち、Appleは同社のプライバシーウェブサイトをアップデートし、Appleが開発するすべてのアプリのプライバシーラベルを確認できるようにしました
App Privacy Web Site 00002
同サイトでは、iOS、macOS、tvOS、watchOSなど、すべてのプラットフォームでアプリのプライバシーラベルが説明されているため、GarageBandなどの一部のアプリは複数回表示されます

このセクションでは、XcodeやApple App Storeのような開発のプライバシーラベルも説明しています、リストにはAppleが提供するすべてのアプリの包括的な詳細が記載されています

スポンサーリンク


OS 14で導入されたAppStoreプライバシーラベルでは、開発者はアプリによって収集されたすべてのデータの完全なレポートを提出する必要があります

開発者は、連絡先、写真、財務情報、場所、メッセージなど、アプリが操作するユーザーのすべてのデータを一覧表示する必要があります

今年に入って、多くのアプリのプライバシーラベルが不正確であることが明らかになったという報告が発表されました

多くの開発者は、アプリがデータを収集し、そのデータがApp Storeでは報告されていないGoogleやFacebookと共有されていると報告しました、WhatsAppはまた、Appleは自社のメッセージングアプリを優遇しているとApp Privacyを批判しました

(Via Apple.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)