Apple Hearing Studyは、聴覚の健康に関する新しい洞察を共有

Apple Hearing Studyは、聴覚の健康に関する新しい洞察を共有

Apple Hearing Studyは、参加者(n=不明)の多くが危険なレベルの音を体験していることを示す統計データを公開しました

世界保健機関(WHO)は、2050年までに世界で7億人以上の人々が重度の難聴を経験すると予測しています

Appleの聴力調査

この研究はミシガン大学公衆衛生学部と共同で行われており、データは世界保健機関のMake Listening Safeの取り組みと共有されています

ここでは、これまでに見つかったいくつかの統計を紹介しています

  • 参加者の25%が、1日の平均環境音曝露量(交通、機械、公共交通機関などを含む)がWHOの推奨値よりも高いことを経験しています
  • 参加者の50%近くが現在、大音量の職場で働いているか、または以前に働いたことがある
  • 参加者の10人に1人は、1週間の平均ヘッドフォン使用量がWHOの推奨制限値を超えています
  • Apple Hearing Study参加者の約10%が専門家による難聴の診断を受けています。このうち75%の参加者は、補聴器や人工内耳などの支援装置を使用していません
  • 参加者の20%はWHO基準と比較して難聴があり、10%は騒音曝露と一致する難聴があります
  • 参加者の50%近くが、少なくとも10年以上専門家による聴力検査を受けたことがありません
  • 参加者の25%が週に数回以上耳鳴りを経験しており、これは聴覚障害の兆候である可能性があります

スポンサーリンク


Apple Hearing Study 00002

ミシガン大学公衆衛生学部の環境保健科学准教授であるRick Neitzel氏は次のように述べています

多くの人が家に閉じこもっているこのパンデミックの間でさえ、私たちの参加者の25%が高い環境音曝露を経験していることがわかります。この研究の結果は、潜在的に有害な曝露についての理解を深め、人々が積極的に聴覚を保護する方法を特定するのに役立ちます

(Via Apple.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)