AppleのiPhone 12 Proモデル、2021年第1四半期の世界スマートフォン出荷台数の前年同期比50%増に大きく貢献

AppleのiPhone 12 Proモデル、2021年第1四半期の世界スマートフォン出荷台数の前年同期比50%増に大きく貢献

Digitimes Researchが実施した分析によると、AppleのiPhone 12 Proモデルは、今年の第1四半期に世界中でスマートフォンの出荷台数が前年比50%増加することに大きく貢献する予定です

2021年第1四半期に世界中でスマートフォンの出荷台数は、3億4,000万台の出荷が見込まれています

AppleのiPhoneの出荷台数は2021年第1四半期に合計6000万台を超えると予想されており、Appleは、2020年第4四半期の9,000万台を合わせ2021年3月31日までの6か月間でトップベンダーになる可能性が高く、総出荷台数は1億5,000万台を超え、前年同期から38%増加しました

スポンサーリンク


Samsungは2位にランクされ、6か月で出荷台数がわずかに減少し、2020年第4四半期と2021年第1四半期でそれぞれ約6,000〜6,500万台です

Xiaomiは3位になり、出荷台数は合計9,000万台になり、6か月で前年比80%以上の増加に相当します

JP MorganのアナリストSamik Chatterjee氏は、最近、iPhone 12シリーズの四半期出荷は需要の落ち込みにもかかわらず前年比13%の増加を続けていると主張し、WedbushのアナリストDaniel Ives氏は、同社はAppleの5Gの「自信を高めた」と述べ、主導的な製品サイクルは2022年まで十分に延長されるとみています

Digitimesの分析では、5G対応電話の世界的な出荷台数は2021年には6億台を超え、前年の2億8000万台に達すると予測されています

(Via MacRumors.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)