Appleが最大の支払い、米国のストリーミングサービスが記録的な金額を分配

Appleが最大の支払い、米国のストリーミングサービスが記録的な金額を分配

非営利団体「Mechanical Licensing Collective」(MLC)は、音楽ストリーミング分野で発生したライセンス料の分配を米国で担当しており、今年に入ってからはこれまで以上に多くの収益を上げています

著作権管理団体が発表したところによると、20の「デジタルサービスプロバイダー」は合わせて約5億ドル(424,384,787ドル)を送金し、アーティスト、プロデューサー、作詞作曲家、出版社に支払うことができます

最初の支払いは、早ければ4月にもMLCによって行われる可能性があり、ストリーミングプロバイダーによって送信された再生統計に基づいて計算されます

これらは、90億行を超えるデータを含む1,800のデータファイルを提供し、その結果、合計サイズは1.3TBになります

スポンサーリンク

Appleが最も支払う

ここでエキサイティングなのは、ストリーミングプロバイダによる送金の分割です

Apple Musicのユーザー数はSpotifyよりもかなり少ないにもかかわらず、総額1億6,300万ドルで、Appleはこの分野で最大のシェアを獲得しました
MLC 00001
Appleは2019年の夏にApple Musicユーザーの成長に関する情報の提供を停止しました、当時、Appleは6,000万人のアクティブユーザー(すなわち、有料ユーザーとトライアル段階のユーザー)を抱えており、Spotifyを下回っていました

Spotifyは当時、1億2,000万人のユーザー数を突破しようとしていて、Spotifyには現在1億5,500万人の有料登録者がいます

Spotifyが支払った金額は1億5,200万ドルで、Appleより約1,000万ドル少ない金額でした











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)