2020年第4四半期、米国では5GスマートフォンはiPhone 12の成功で売上の65%を占める

2020年第4四半期、米国では5GスマートフォンはiPhone 12の成功で売上の65%を占める

Counterpointが発表した新たなレポートによると、米国のスマートフォン市場は12月にさらに回復力を見せ、第4四半期の成長の勢いに乗って、昨年と同様のセルスルーを記録しました、2020年第4四半期の目立った話題は、間違いなく5Gでした

Counterpoint ResearchのMonthly Market Pulse Reportによると、米国のスマートフォン販売台数は1,490万台で、2019年12月と同水準でした

Appleが市場を牽引し、販売シェアを30%近く増加させ、これはSamsungを除くほとんどの主要ベンダーの前年比大幅減を相殺しました

US OEM Market 00001

Jeff Fieldhack氏は、「前年同期比で好業績を上げたベンダーはAppleとSamsungだけでしたが、LGやOnePlusなどが対前月比を改善し、ホリデーシーズン中のフラッグシップデバイスの人気に支えらました、キャリアは下取りや無料のデバイスを提供していただけでなく、多くのプロモーションがDisney+、ESPN+、Hulu、HBO Maxや他のメディアのようなサービスに定期購読を提供していたため、5Gに関連して多くのマーケティングがあった」と述べています

スポンサーリンク


Counterpointの上級アナリスト、Maurice Klaehne氏は、「5Gへのシフトが起きており、この種のコンテンツバンドルは携帯電話事業者にとって実行可能な戦略となっている。5Gはスマートフォン市場の活性化に貢献しており、現在、米国では5G端末の販売台数がスマートフォン全体の約65%を占めています。5G端末の販売台数は現在、米国で販売されているスマートフォン全体の約65%を占めており、スマートフォン市場の活性化に貢献しています」と述べています

プレミアム (600-800ドル) とスーパー・プレミアム(800ドル超)の販売は、昨年12月に前年同月比54%増となり、市場全体の2/3近くを占めました

(Via Patently Apple.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)