Apple、「AirTags 」公開に先立ちサードパーティーによる「探す」アプリの利用を開始

Apple、「AirTags 」公開に先立ちサードパーティーによる「探す」アプリの利用を開始

iOS 14の一部として客引きされた後、CES 2021の期間中にAppleの「探す」アプリに統合される最初のアクセサリーが発表され始めています

「探す」アプリはiOS 14のデフォルトアプリで、自分と位置情報を共有している友人や家族だけでなく、自分のデバイスも検索できます、「AirPods Pro」 や 「iPad」、「Apple Watch」などのオブジェクトは、アプリ内に表示され、置き忘れた場合にその場所を特定するのに役立ちます

デバイスが範囲内にある場合は、近くにあると表示され、デバイスに応じてサウンドが再生されて見つけやすくなります、これまではApple自身のデバイスに限られていましたが、Appleはサードパーティー製品を認定するために2020年6月に「Find My Accessory Program」を開始しました

スポンサーリンク


半年後、この機能を利用した最初の製品が発表され、その中には最新のBelkin SoundForm Pro純正ワイヤレスイヤホンも含まれています、これらは、Appleデバイスと同じようにネイティブでアプリに表示されます

「探す」 アプリに表示されるだけでなく、紛失フラグが付いているデバイスにもメリットがあります、紛失したデバイスの近くに別のiOSユーザーが来ると、そのデバイスの場所が通知されます

サードパーティーのサポートを有効にするために、どのバージョンのiOS 14が必要になるのかは不明です、現時点で最も有望な候補は、現在ベータテスト中のiOS 14.4です

(Via Apple Insider.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)