AppleのSiri、世界中で使用されている音声アシスタントの25%

AppleのSiri、世界中で使用されている音声アシスタントの25%

AppleのSiriは通常、悪い評判を受けますが、他のほとんどのシステムがサーバーベースのままであるのに対し、iPhoneの音声アシスタントは、ユーザーやユーザーのリクエストを利用せずに必要なものを提供するように設計されたオンデバイスインテリジェンスの申し子であることです

2024年までに30億の音声ファースト製品

Apple関係者にとって興味深いのは、AppleのSiriが世界の音声アシスタント市場の25%のシェアを占めているというFuturesourceの観測です

Futuresourceは、2024年までに販売される家電製品の5分の4が何らかの形で仮想アシスタント機能を搭載すると予測しています

Futuresource Consultingの最新の調査では、2024年には音声アシスタント技術を内蔵した製品が30億台に倍増するとしています

Vertual Assistant 00001

スポンサーリンク

専門家の意見

Futuresource ConsultingのPrincipal Technology AnalystであるSimon Forrest氏

音声制御は、家電製品に欠かせない機能として定着している
仮想アシスタントの音声処理の側面は大きく成熟してきており,アシスタント能力の改善と言語モデルの最適化に焦点が移ってきている。そのため、人工知能のノウハウを持つ巨大テクノロジー企業の手にイノベーションがかかっている
仮想アシスタントは、製品やサービスとの摩擦のない対話方法を約束しているが、業界はまだ「音声第一」のインターフェイスの完成から数年も離れており、画面から真に独立したものになることはないかもしれない

この分析では、テクノロジーがどのように進化しているかも調べます。同社は、Siriのような音声分析アシスタントを改善するツールが使用されていることを指摘していいます

このレポートでは、ネットワークのエッジにあるオンデバイスのインテリジェンスが台頭してきているという考えもまた、定着してきていると指摘しています

「プラットフォームベンダーはニューラルネットワークアクセラレータを利用して、音声エンジンの多くの要素をデバイス自体のエッジに配置し、待ち時間を短縮してプライバシーを向上させるために迅速に動いている」とアナリストは述べています

注目すべきは、すでにこれを行っているSiriではなく、FuturesourceがファーウェイとBaiduが共同開発したHonghu AIチップとAmazonのAZ1Neural Edgeプロセッサを引き合いに出していることです

これまでSiriが直面してきた障害のいくつかを考えると、興味深いことに、クラウドベースの代替サービスと比較して、Appleはクラウドではなくデバイス上での尋問を維持することを主張してきました

さらに、ベンダー各社は小型マイクロプロセッサでも動作する軽量VAソリューションを開発していると言います

(Via Futuresource.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)