Apple、GaNベース充電器の小型化と軽量化を計画中

Apple、GaNベース充電器の小型化と軽量化を計画中

台湾の業界紙DigiTimesによると、Navitas Semiconductorは2021年に、窒化ガリウム「GaN」技術をベースにした高速充電ソリューションをAppleから受注する見込みだと言います

記事によると、Appleのチップ製造パートナーTSMCは、既存の提携の一環として、NavitasにGaNチップを供給すると主張しています

このサプライチェーンのニュースは、AppleがUSB-C電源アダプタのGaNバージョンを計画していることを示唆しており、AnkerやBelkinのような他の多くのブランドは、ここ数年でGaN充電器を導入しています、Apple初のGaN充電器が今年発売されるかどうかは不明だ

Navitasは、世界で最も人気のある高速充電器のいくつかで使用されている窒化ガリウムソリューションであるGaNFastの開発者です

GaNFastは、Aukey、Dell、Lenovo、Xiaomiなどのいくつかのブランドに採用されており、同社は昨年、GaNFastベースのソリューションには24W~300Wの壁充電器が含まれると述べています

Appleは現在販売しているiPhoneおよびApple Watchモデルには電源アダプタを同梱していませんが、5Wおよび12WのUSB-Aオプションや20W、30W、61W、96WのUSB-Cオプションなど、さまざまな電源アダプタを単体で販売し続けています

(Via MacRumors.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)