Apple、 iOS 14.4ベータ版にプライバシー追跡機能を追加

Apple、 iOS 14.4ベータ版にプライバシー追跡機能を追加

AppleのiOS 14.4アップデートの最初のベータ版を利用しているユーザー向けに、同社の追跡防止機能が公開され始めています

プライバシー機能は、広告主のための特定のタイプのユーザー追跡をデフォルトでオプトインにする。つまり、アプリは他のサイトやアプリを横断して自分を追跡する許可をユーザーに明示的に求める必要があります

12月16日に登録開発者にシードされたiOS 14.4 beta 1に許可ポップアップボックスは現れ始めています

Anti tracking privacy 00002

あるユーザーは、NBAアプリのスクリーンショットを投稿し、ベータ版での活動を追跡するよう求められました

プロンプトには、開発者が変更できるカスタマイズ可能なテキストも表示されます、NBAアプリの場合、ユーザーデータは「より良くパーソナライズされた広告体験を提供するために利用される」と書かれています

当初は、iOS 14とともにリリースされる予定でしたが、Appleは開発者や広告主が準備する時間を増やすために同機能のリリースを延期しました

スポンサーリンク


現在のベータ版のスケジュールによると、iOS 14.4とプライバシー機能は来年の1月か2月にリリースされる可能性が高いと言えます

広告収入に依存している一部の企業は、プライバシー機能に反対しています

最も注目すべきは、Facebookが12月初旬に、デフォルトのオプトアウトオプションを中小企業への脅威と呼ぶフルページ広告を実施したことです

Mozillaや非営利のElectronic Frontier Foundationなど、他の団体もこの機能の支持を表明しています

(Via Apple Insider.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)