AppleのT2セキュリティチップ、Checkra1nによってジェイルブレイクされる

AppleのT2セキュリティチップ、Checkra1nによってジェイルブレイクされる

ジェイルブレイクコミュニティは、Appleがいくつかのコンピュータに搭載しているAppleのコプロセッサ、いわゆるT2チップを騙したと主張しており、このコプロセッサを脱獄できるようにするとされるソフトウェアソリューションを提供しています

jailbreakツールのcheckra1nは、バージョン0.11.0ベータ版でダウンロード可能になっており、パッケージの中には「部分的にbridgeOSをサポート」と記載されています

BridgeOSはT2のオペレーティングシステムで、このハックはiOSアプリケーションも実行できるようになりました

再びハードウェアの介入が可能になる可能性があります

しかし、ジェイルブレイクは、新しいMacでハードウェアの介入を実施したいサービスプロバイダーにとって、長期的には非常に重要な意味を持つ可能性があります

スポンサーリンク


これらはT2チップによって部分的に防止されているため、Appleと認定されたサービスパートナーによってのみデバイスを分解することができることを意味します

ハッカー・コミュニティーがT2チップのセキュリティー上の予防措置を克服するのは時間の問題であることは、すでに8月に明らかになっていました

その頃、Appleのデスクトップコンピュータ上でT2セキュリティチップによって管理されている「Secure Enclave」に関して、現場から初めてジェイルブレイク成功の報告がでていました

このコプロセッサは、「Secure Enclave」での鍵管理のほか、カメラやオーディオの制御などのシステム機能を担当し、暗号化や復号化の作業を行い、FaceTime HDカメラの画像処理の役割も担っています、新しいMacでは、T2チップは「Hey Siri」というSiriコマンドの認識も担当します

利用可能なジェイルブレイクツールは、ここれまでのところ、もっぱらiPhoneやiPadのシステム制限を破るために使われてきましたが、まだエンドユーザーを対象としたものではなく、T2ジェイルブレイクを長期的に拡大する可能性が高いハッカーやフリッカーのコミュニティに役立っています

(Via iFun.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)