Apple、「Apple One」と呼ばれるバンドルされたサブスクリプションサービスをiPhone 12と共に開始

Apple、「Apple One」と呼ばれるバンドルされたサブスクリプションサービスをiPhone 12と共に開始

Appleは早ければ10月にも、「Apple One」と呼ばれる新たなサブスクリプションサービスバンドルを発表する予定だと、Bloombergが報じています

バンドルのシリーズは、顧客がいくつかのアップルのデジタルサービスを一緒に購読することを可能にします、これにより、各サービスを個別に契約する場合よりも月額料金が安くなると予想されています

Bloombergは、Apple Oneにはさまざまなサブスクリプションが用意されると言います、基本パッケージには 「Apple Music」と「Apple TV+」のみが含まれるが、より高価なバリエーションには 「Apple Arcade」 が追加される予定です

次の段階では、「Apple News+」が追加され、「iCloud」ストレージを備えたより高価なバンドルが提供されます、Apple OneにはAppleCareサポートは含まれない見込みです

スポンサーリンク


Appleはまた、iPhone、iPad、Apple TV向けの仮想フィットネスアプリを通じて利用できる、仮想フィットネスクラス向けの新サービスを開発していると考えられており、フィットネスサービスはハイエンドのサブスクリプションバンドルとして提供される予定です

現在社内では「Seymour」というコード名で呼ばれているこのトレーニングサービスは、Nikeなどが提供する仮想クラスに対抗するものになる予定です

Apple Oneは、最大6人のユーザーにアクセスを提供するAppleの家族共有システムと連携します、これらのバンドルにより、顧客は選択したバンドルに応じて月額約2ドルから5ドル以上を節約できると期待されています

サブスクリプションサービスをバンドルする動機は、顧客に複数のAppleサービスに加入するよう促し、より多くの経常収益を生み出すことにあります

Apple NewsやApple TVのような特定の分野では、契約数の大幅な成長は見られないため、サブスクリプションをバンドルすることで、加入者数の増加を後押しすることができるでしょう

(Via MacRumors.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)