AppleのiPhone、2020年第2四半期のアメリカでのマーケットシェアは47%に拡大

AppleのiPhone、2020年第2四半期のアメリカでのマーケットシェアは47%に拡大

Canalysのデータによると、2020年第2四半期に米国で3,190万台のスマートフォンを出荷しており、前年同期比では5%の減少だが、前四半期比では11%の増加となっています

3月末に中国の工場が稼働を再開したことや、5~6月に店舗を再開したことが、市場の継続的な成長に大きく貢献しました

AppleとSamsungは、販売されたデバイス10台のうち7台を占めており、Appleは第2四半期に1,500万台のiPhoneを出荷し、国内新記録を樹立しました

Appleは、昨年のベストセラー「iPhone XR」よりも15%多いフラッグシップ「iPhone 11」を出荷しました、iPhone SEの発売でAppleの四半期市場シェアは47%に膨れ上がりました

Smartphone shipments Q2 2020 00001 z

スポンサーリンク


Samsungは2019年第2四半期に、Galaxy S20 5Gシリーズの端末の出荷台数がS10シリーズより59%減少しました、第1四半期のチャネルフィルの直後に販売店の閉鎖が横行し、Samsungは出荷を支えるためにそのローエンドのGalaxy A10eとA20デバイスに偏っての出荷となり、米国でのスマートフォンの平均価格は503ドルで、2019年第2四半期よりも10%低くなっています

Canalysのアナリスト、Vincent Thielke氏は、次のように述べています

コロナウイルスの大流行により、消費者が自宅に留まることを余儀なくされたため、米国での5Gの採用が軌道に乗らなかった。店舗の閉店やウイルスの恐怖がデモモデルの相互作用が制限され、厳しい消費者予算はさらに支出力を抑制され、アメリカの郊外では5Gネットワークのカバレッジが不足しているため、消費者は代わりに4Gデバイスを購入する理由がたくさんあると考えました。
これまでのところ、5Gの展開は精彩を欠いていますが、今後の四半期に強力なキャリア・マーケティングを行うことで、LTEから5Gへの数年にわたる移行期間を促進することができるでしょう

(Via Mac Daily News.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)