Appleが全世界のApp StoreからWeChatを削除した場合、中国のiPhone出荷は最大30%減少する可能性

Appleが全世界のApp StoreからWeChatを削除した場合、中国のiPhone出荷は最大30%減少する可能性

アナリストMing-Chi Kuo氏の新しいリサーチノートによると、最悪のシナリオでは、世界中のApp StoreからWeChatを削除することを余儀なくされた場合、中国におけるAppleの年間iPhone出荷台数は25~30%、AirPods、iPad、Apple Watch、Macを含むその他のAppleハードウェア製品の年間出荷台数は15~25%減少する可能性があるとのことです

この削除は、WeChatとその親会社であるTencentとの米国内取引の禁止を目的とした最近の行政命令により発生する可能性があります

Kuo氏は、Appleが米国のApp StoreからWeChatを削除するだけでよいのか、それともApp Storeの禁止がすべての国に適用されるのかによって、楽観的シナリオと悲観的シナリオを提示しています

米国のみであれば5%減

WeChatが米国のApp Storeから削除されるだけという楽観的なシナリオでは、iPhoneの出荷台数は3~6%の影響を受け、他のApple製品は3%未満の影響を受けるとKuo氏は予測しています

スポンサーリンク


AppleはiPhoneの出荷台数を地域別に分類していませんが、全体では6月の四半期に中華圏がAppleの総売上高の15%強を占めており、Appleのビジネスの重要な部分を占めています

2020年第3四半期地域セグメント

  • アメリカ地域…270.18億ドル(前年同期比8%増)
  • ヨーロッパ地域…141.73億ドル(前年同期比19%増)
  • 中国地域…93.29億ドル(前年同期比2%増)
  • 日本…49.66億ドル(前年同期比22%増)
  • その他アジア太平洋地域…41.99億ドル(前年同期比17%増)
  • 総純売上高…596.85億ドル(前年同期比11%増)

(Via MacRumors.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)