iPhone 12 Pro に120 HzのProMotionディスプレイは搭載されないと、ディスプレイアナリストが再び発言

iPhone 12 Pro に120 HzのProMotionディスプレイは搭載されないと、ディスプレイアナリストが再び発言

Young氏は今朝公開したツイートで、彼の知人の誰もiPhone 12のディスプレイが120 Hzであるという噂を裏付けるものはなく、2021年のiPhoneのアップデートで120Hzの技術が採用されることを示唆していると語った

ProMotionディスプレイについてはさまざまな噂が飛び交っており、120Hzのサポートが行われていることを示唆するリーカーもいます

これらの噂は、リーカーのIce Universe氏がAppleが2020年に少なくとも1台のiPhoneに対して60Hz / 120Hzのリフレッシュレートを切り替えることを検討していると述べた2019年に始まりました。

台湾のサイトDigiTimesはまた、AppleがリーカーのMax WeinbachとJon Prosserと同様に、120Hzディスプレイを備えたiPhoneをリリースする予定であると述べています

ディスプレイの専門知識を持つYoung氏は、Appleが2021年にProMotionを実装すると共に、バッテリー寿命を維持する可変リフレッシュレートを可能にする低消費電力LTPOディスプレイの採用すると主張しています

この技術を使わずにiPhoneにProMotionディスプレイを追加すると、望ましくないバッテリーの消耗が発生する可能性がありますが、iPad ProはLTPOなしでProMotionを使っている点は注目に値します

スポンサーリンク


先週、Ice Universe氏は再び、iPhone 12 ProとiPhone 12 Pro Maxモデルが最大120Hzのリフレッシュレートが可能なディスプレイを提供すると主張しました。

iOS 14には、iPhoneのフレームレートを毎秒60フレームに制限しているように見えるアクセシビリティ設定もあり、将来のiPhoneがより高いフレームレートをサポートすることを示す可能性があります

iPad ProのProMotionテクノロジーは、コンテンツの動きに合わせてディスプレイを動的に調整できるため、より流動的なスクロール、滑らかな動き、応答性の向上を実現します

ProMotionのディスプレイ技術に関するさまざまなうわさを考えると、新しいiPhoneにこの機能が搭載されるかどうかは、今秋の登場までわからないかもしれません

現在の噂では、Appleは9月に新しいiPhoneを発表するが、一部またはすべてのモデルの発売は10月か11月まで遅れる可能性があります

(Via MacRumors.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)