AirTagsは「R1 」チップを使用しており、「Find My Tag 」というiPhoneアプリがあるかも

AirTagsは「R1 」チップを使用しており、「Find My Tag 」というiPhoneアプリがあるかも

iOSリーカーの@blue_kanikama氏は、Appleの未発表のAirTagsについて、AirTagsが使用するチップや、AirTagsを見つけるのに役立つ新しいアプリなど、追加の詳細が明らかにしました

iOSの奥深くに発見された内部コードによると、AirTagsはおそらくカスタムApple R1チップを使用します、このチップは、超広帯域技術を中心に構築されています

AirPodsのW1チップやH1チップと同様に、ペアリングしたiPhone/iPadとAirTagsをシームレスに動作させるための部品として、R1チップが搭載されている可能性が高いです

iPhone 11と11 Proモデルには今年、U1チップと呼ばれる新しいチップが搭載され、ウルトラワイドバンド技術の利用によってiPhoneが空間認識できるようになりました

例えば、iPhone 11を持っている人が、iPhoneを持っている複数の人がいる部屋の中で、1人の人にファイルをAirDropしたいと思った場合、iPhoneは内部のU1チップを使って、どのiPhoneが一番近くにいて、どのiPhoneが一番遠いかを検出することができます

スポンサーリンク


今のところ、U1チップを活用しているのはAirDropのみのようですが、将来的にはiPhoneのU1チップがAirTagのR1チップと連携する可能性もあります

これと並行して、リーカーはまた、iOS内部の新しいアプリと思われるもののためのコードを公開しました

「Find My Tag」の内部の.plistファイルの下で、これは明らかに(超広帯域) AirTagsのアプリを指しているが、U1とAirTagのR1チップでどのように動作し、どのように見えるのか、どのように機能するのかは公表されていません

AirTagsはかなり前から期待されていましたが、最近の噂ではAppleが来週のWWDCでiOS 14、iPadOS 14、tvOS 14、watchOS 7、macOS 10.16と並んでAirTagsを正式にお披露目することが示唆されていますが、最近の噂ではAppleがmacOS 10.16をmacOS 11に改名する可能性があることが示唆されています

(Via Appleinformed.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)