Apple、開発者向けアプリをアップデートし、WWDCに関する新しい情報を提供

Apple、開発者向けアプリをアップデートし、WWDCに関する新しい情報を提供

Appleはデベロッパー向けアプリをアップデートした。このアプリはWWDCの開発者のコンパニオンとして機能し、過去数年間のセッションビデオやその他のコンテンツに年間を通してアクセスできます

今回初めて、AppleのMac Catalystテクノロジーに基づいて表示されるDeveloperアプリのMac版が登場しました

新しいアプリには、iOSやiPadOS版のアプリで見られるのと同じ文章やビデオコンテンツを表示する左側のサイドバーが含まれています、また、iPhone版とiPad版のDeveloperアプリは、「Discover」、「Browse」、「WWDC」タブのデザインが一新され、「Discover」の記事をお気に入りとしてマークするオプションが追加されています

Appleのデベロッパー向けWebサイトには、ラボやApple Design Awardsに関する新しい情報も掲載されています

スポンサーリンク


来週は、月曜日の太平洋時間の午後3時30分から午後6時まで、火曜日から木曜日の午前6時から午後6時まで、1対1の開発者ラボのリクエストが可能となっています

Appleによると、”リクエストは審査され、数時間以内にステータスが記載されたメールが送られてくる “とのことです、ラボの予約は、AppleのエンジニアとWebexの音声通話を介して、10分から55分程度になるとのことです

また、Appleの開発者ポータルによると、Apple Design Awardsはオンラインカンファレンス終了後の6月29日(月曜日)に開催されるとのことです

Macで初めて専用のDeveloperアプリが使えるようになったのは素晴らしいことです、この変更により、どのプラットフォームを使っていても、動画で中断した場所を拾うのが今まで以上に簡単になりそうです

ラボはAppleが期待していたものとほぼ同じです、カンファレンスの翌週に来るADAをどうするかはわかっていません、おそらくAppleは単に準備が間に合わなかったのでしょう

AppleのDeveloperアプリはApp Storeで無料でダウンロードできます











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)