Appleはハードウェア開発を皮切りに段階的に職場復帰を計画

Appleはハードウェア開発を皮切りに段階的に職場復帰を計画

Appleは世界中の同社従業員を対象に非常に段階的な復職計画を計画しています、第1段階では、「在宅勤務ができない、または在宅勤務が困難なスタッフ」をAppleのオフィスに戻ることができるようになるとのことです

レポートによると、第1フェーズは「すでに世界の一部の地域で始まっている」としており、5月下旬から6月上旬には他のオフィスにも拡大する予定だと言われています

第2段階は7月に開始され、より多くの従業員を世界中のAppleのオフィスに戻すことを目的としています

レポートでは、Appleの上級管理者が今週、これらの計画を従業員に伝え始めていると説明しています

もちろん、これらの計画は流動的であり、新しいCOVID-19のデータや現地での在宅勤務の注文に基づいて変更される可能性があります

スポンサーリンク


Appleの一部の従業員は、パンデミックが始まって以来、業務を継続するために企業オフィスに出勤しています、これには、データセンターや一部のハードウェアのテストなど、ビジネスに不可欠な業務が含まれます

今月と来月に戻ってくる従業員の最初のグループは、ハードウェア開発の小幅な拡大になると思われますが、すでにいくつかのプロジェクトは後回しにされていると報告書には書かれています

今年のWWDCに関して、BloombergはAppleエンジニアが自宅からの近日中に予定されているソフトウェアアップデートの「デモンストレーションを撮影している」と伝えています

(Via Bloomberg.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)