新しいiPhone12のリーク情報では、TrueDepthのノッチが小さくなる

新しいiPhone12のリーク情報では、TrueDepthのノッチが小さくなる

AppleリーカーJon Prosser氏によって公開された画像は、次世代の「iPhone12」ハンドセットの概略図のように見えるものの詳細を示しており、その上部は、既存の設計よりもかなり小さいTrueDepthセンサー「ノッチ」を示しています

想定される「iPhone 12」のイラストは、TrueDepthセンサーのノッチを小さくしたもの

どちらの画像も、2017年の「iPhone X」以降の主力iPhoneに搭載されているアレイよりもはるかにコンパクトなTrueDepthパッケージを描いています

注目すべきは、イヤーピーススピーカーがTrueDepthの上に移動してスマートフォンの薄いベゼルに収まるようになったことで、ノッチとその周辺のスペースが解放されたことです

IPhone 12 Smaller TrueDepth Notch 00001 z

スポンサーリンク


Face IDを搭載した現行のiPhoneモデルでは、システムのドットプロジェクターと前面のフルカラーカメラが右側に、赤外線投光照明装置と赤外線カメラが左側に配置されており、重要な物理的に大きなコンポーネントの間にスピーカーが置かれています

大きな変化ではありませんが、iPhone 12の小さなノッチは、エンドユーザーに数ミリの画面スペースを提供することになります

かつては物議を醸したこのノッチが完全に除去されるといううわさが流れたのは、AppleがTrueDepthの部品をiPhoneの上部ベゼルに押し込むプロトタイプに取り組んでいると報じられた9月のことでした

(Via Apple Insider.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)