CBSがFaceTimeを使ってCOVID-19の流行中にドラマ 「All Rise」 の新エピソードを制作

CBSがFaceTimeを使ってCOVID-19の流行中にドラマ 「All Rise」 の新エピソードを制作

Appleのテクノロジとハードウェアは、COVID-19が閉鎖される中、自宅で仕事をするエンターテインメント制作者にとって信頼できるソリューションであり続けてます

CBSは、FaceTimeなどのビデオ会議プラットフォームを利用して、ドラマシリーズ「All Rise」のバーチャルエピソードを制作すると発表しました

CBSドラマシリーズ「All Rise」は、FaceTime、Zoom、CiscoのWebExを使って、自宅で仕事をしながら社会的距離を保つ練習をしながら制作される、ゴールデンタイムの脚本シリーズの最初のエピソードです

All Rise 00002 z

スポンサーリンク


このシリーズは1年目で、ロサンゼルスを舞台にした裁判所ドラマです

今回の特集は、COVID-19のシェルター内ルールの影響と、コロナウイルスの大流行がそこの刑事司法制度にどのような影響を与えるかをを取り上げます

エグゼクティブプロデューサーのGreg Spottiswood氏は次のように述べています

「All Rise」ファミリーが、家、さらには都市でさえも一緒にバンドを組むことで、レジリエンス、正義、コミュニティの力について話を聞くことができるまたとないチャンスです


FaceTimeのようなサービスを介して遠隔地で制作が行われるため、制作者はVFXを使用して必要な背景を作成し、シリーズのレギュラーの各家庭で仮想映像を撮影します。また、車両から単独で撮影を行う撮影技師が、ロサンゼルスの路上や近隣地域に現在存在する荒涼とした環境を反映した屋外映像を撮影します。全エピソードは、現在の世界で行われている社会的距離のルールとテクノロジーに従って撮影されます

Appleのハードウェアとサービスは、最近ではリモート放送の実験台となっています

(Via TVLine.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)