新型コロナウィルスの影響でApple MusicやSpotifyなどのミュージックストリーミング数が減少

新型コロナウィルスの影響でApple MusicやSpotifyなどのミュージックストリーミング数が減少

Quartzのデータによると、新型コロナウィルスの流行によりストリーミングミュージックの量が減少している可能性があるようです

新型コロナウィルスの流行でリモートワークが推奨される中、人々が一日中音楽を聴く状況に似在るように思われますが実際は、一部の影響を受けた国の人々は、パンデミックの中で以前よりもはるかに少ない曲をストリーミングしています

コロナウイルスで最も大きな打撃を受けた国の一つであるイタリアでは、2019年2月にSpotifyで最もストリーミングされた曲のトップ200は、1日平均1,830万ストリームでした

イタリアの首相が3月9日に国家検疫を発表して以来、トップ200の最も人気のある曲の総ストリームは1,440万曲を超えていません

3月17日火曜日のトップ200ストリームは、3月3日(火)と比較して23%減少しました

Quartz 00002 z

スポンサーリンク


Spotifyは全体的なストリーム数を公開していないため、トップ200のストリームが落ちている間に、全体的なリスナーが安定している可能性があります、また人気の低い古い音楽が盛んとなっているかもしれませんし、また、ストリーミングの低下につながる他の要因がある事も考えられます

そして、これは偶然かもしれません

Spotifyはこの話に対するコメントをしていません、またSpotifyの競合他社の、Apple MusicやYouTubeなど、人気曲の毎日のストリーミング数をリストに載せていないため、これらの他のプラットフォームが同様の低下を見ているかどうかを知ることはできませんでした

この傾向は米国でも同様です、3月17日のトップ200曲のSpotifyストリームの合計は7,700万ストリームに減少しました

これは、2020年の火曜日に米国で最も少ないトップ200ストリームの数であり、わずか1週間前よりも約1,400万ストリーム少なかった

英国、フランス、スペインでも、トップ200のストリームの合計が減少しています

Quartz 00003 z

加入者は、いくらストリーミングしても同じ金額を支払うため、ストリームの減少は、ビジネスの小規模でボリュームに依存する広告収入側にのみ影響します

(Via Quartz.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)