Apple、WWDC 2020をオンライン形式で今夏の開催を発表

Apple、WWDC 2020をオンライン形式で今夏の開催を発表

Appleは、6月に毎年開催されるWorldwide Developers Conferenceを開催すると発表しました

WWDC 2020は、31年目を迎え、消費者、マスコミ、開発者向けのコンテンツが満載されたまったく新しいオンライン形式を採用します

このオンラインイベントは、数百万人の創造的で革新的な開発者が、iOS、iPadOS、macOS、watchOS、tvOSの将来に早期にアクセスし、Appleの生活を豊かにするアプリエクスペリエンスの構築に取り組むAppleエンジニアと交流する機会となります

WWDC 2020 00002 z

Appleのワールドワイドマーケティング担当シニアバイスプレジデントであるPhil Schillerは、次のように述べています

現在の健康状態では、オンラインキーノートとセッションを含む完全なプログラムを提供する新しいWWDC 2020形式を作成し、世界中の開発者コミュニティ全体に素晴らしい学習体験を提供する必要があります。今後数週間ですべての詳細を発表します

Appleはまた、WWDC 2020の新しいオンラインフォーマットの結果として関連する収益損失を相殺するために、地元のサンノゼ組織に100万ドルをコミットすると発表しました

(Via Apple.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)