Apple、各世代のお気にいりブランドの調査 2020で強さを示す

Apple、各世代のお気にいりブランドの調査 2020で強さを示す

Brand Intimacy Study 2020

毎年、MBLMは感情に基づいたブランドの最大の調査を行い、お気に入りのブランドのリストを作成します

今年で10年目を迎える同社は、20,000以上の質的ブランドストーリー、1,000時間のインサイト、約25,000人の定量的回答者、200,000以上のブランド評価をレビューしました

今年、MBLMは米国、メキシコ、アラブ首長国連邦の6,200人の消費者を対象に調査を行い、15の業界で400近いブランドの経験を詳しく調べました

レポートは、トップ10の最も親密なブランドのハイライトに焦点を当てています

US Top 10

今年のランキングでは、昨年トップのDisneyをAmazonが抑えトップとなっています、Appleは2位から3位に下がりましたが、トップ10の唯一のテクノロジーブランドです

Brand Intimacy 2020 00005 z

スポンサーリンク

世代別

Amazonは、3つの年齢層すべてでトップ5に登場する唯一のブランドです
18〜34歳と35〜54歳の消費者はお気に入りの中から2つのメディア&エンターテイメントブランドを選択し、55〜64歳の消費者は3つの小売ブランドをランク​​付けしました
Brand Intimacy 2020 00002 z
Appleは、18~34歳の年齢では7位にランクされています

収入グループ別

収入グループ間でブランドを共有することなく、より多様な親密さの見方を示しています、両グループは、2つの小売ブランドをトップパフォーマーとして選択しました

3.5万ドルから5万ドルを稼いでいる消費者は、メディアやエンターテイメントに関心があり、7.5万ドルから10万ドルを稼いでいる消費者は、上位5社を含むさまざまな産業を持っています
Brand Intimacy 2020 00003 z

スポンサーリンク

性別

今年の調査結果では、調査対象の男性と女性の間で共有されているブランドのうち5つのうち2つ、AmazonとAppleが2位と3位になっています
男性には特に2つのゲームブランドがあり、女性には多くの小売ブランドがあります
Brand Intimacy 2020 00004 z

Appleのトータルでの各項目は以下のようになっています
Brand Intimacy Study 2020 00008 z

MBLMの「Brand Intimacy Study 2020」の詳細はこちらから確認することができます











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)