Appleなどのサプライヤーは中国で投獄されたウイグル人を強制労働させる

Appleなどのサプライヤーは中国で投獄されたウイグル人を強制労働させる

ウイグル人を強制労働

Washington PostSydney Morning Heraldは、オーストラリア戦略政策研究所(ASPI)の報告を独自の研究で裏付け、中国の政府機関が中国に収監されたウイグル人に強制労働を強いるという主張を確認しています

これらは、Apple、Samsung、Acer、Sony、HTCなどの企業の中国の請負メーカーとサプライヤーの大規模な工場でおこなわれました

ここに掲載されているレポートは、60ページ弱で、「Uyghurs for sale」という見出しの下での中国の状況を説明しており、とりわけニューヨークタイムズが1年前に行った中国政府に対する申し立てを繰り返しています

れによると、イスラム教徒のウイグル人は監視され、再教育キャンプに拘束され、強制労働を強いられました

スポンサーリンク


ケーススタディの1つが示したように、このレポートでは、Appleのサプライチェーンにおけるウイグル人の「再教育」に言及しています

特定の労働者は、O-filmで意志に反して労働されたと言われています
Uyghurs for sale 00002 z
O-filmは、2017年にiPhone XおよびiPhone 8の自撮りカメラを担当した会社で、2017年12月にApple CEOのTim Cookが訪問する前に強制労働者は別の工場に移されました

(Via ifun.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)