Apple、AirPods 2およびAirPods ProのQIワイヤレス充電の問題と対処方法

Apple、AirPods 2およびAirPods ProのQIワイヤレス充電の問題と対処方法

昨年Appleは、人気のワイヤレスイヤフォンのAirPods 2およびAirPods Proを発売し、ワイヤレス充電ケースを介した両方のバージョンでQIワイヤレス充電のサポートを追加しました

第二世代のAirPodsの場合、ケースはオプションであり、実際には別売されていたため、第一世代のAirPodsのユーザーもワイヤレス充電機能を利用できましたが、AirPods Proには標準機能として含まれています

以前はユーザーがAirPodsをLightningケーブルに接続して充電する必要がありましたが、新しいワイヤレス充電ケースを使用すると、充電する必要があるときはいつでもQI互換充電器に置くことで充電できます

異物検出

QI認定のワイヤレス充電器は、コインや車のキーなどの金属物体がパッドに置かれたり、パッドとiPhoneのような合法的なQI互換デバイスの間に金属物体が検出された場合でも、デバイスがワイヤレス充電電力を送信するのを防ぐ「異物検出」と呼ばれる機能をサポートする必要があります

この安全機能が必要なのは、パッドから送信される誘導充電電流によって実際に金属物体が100°Cを簡単に超える温度まで加熱する可能性があるためで、また、充電パッドをも損傷する可能性があります

スポンサーリンク

AirPodsの問題

AirPodsワイヤレス充電ケースの金属製ヒンジは、少なくとも一部のワイヤレス充電パッドで異物検出の安全機能をトリガーし、AirPodsへの充電電力を遮断するのに十分なようです

AirPods wireless charge 00002 z

問題は、おそらく異物に敏感な特定の充電パッドのみに限定されるようで、Mophie’s Charge Stream Pad+ ラインナップは、そのCharge Stream Mini(AirPodsに最適)を含む様に見えますが影響を受けているようです、奇妙なことに、Appleと提携してリリースされた古い7.5ワットのワイヤレスチャージパッドは同じ問題を示していません

これは特に、充電パッドに異物検知機能が作動したことを示すLEDライトがない場合に当てはまります、そうしなければ、AirPodsが正常に充電されていないと思われるかもしれません

対処方法

  • Mophieのような大きな円形パッドでは、AirPodsケースを中心からわずかにずらして配置し、基本的に金属ヒンジがパッドの端に近づくようにすることです
  • もう一つの選択肢は、AirPodsのケースを選択する方法で、多くのユーザーが、ケースによって追加された追加の数ミリメートルが異物検出機能を引き起こすのを避けるのに十分であることが多く、信頼性の高い充電を行うことを報告しています

いずれの場合でも、ステータスLED(存在する場合)を確認するか、数分充電した後にiPhoneで充電レベルを確認することにより、AirPodsが適切に充電されていることを常に確認できます

(Via iDrop News.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)