AirPodsとAirPods Proの製造はコロナウイルスの影響を受け、供給不足が拡大する可能性がある

AirPodsとAirPods Proの製造はコロナウイルスの影響を受け、供給不足が拡大する可能性がある

Appleは、人気のAirPodsとAirPods Proの生産を拡大するために取り組んでおり、中国でのコロナウイルスの発生により、需給バランスを満たす努力が危険にさらされる可能性があります

NIKKEI Asian Reviewによると、Appleの主要なAirPodsサプライヤーであるLuxshare-ICT、Goertek、Inventecは旧正月の初めから閉鎖されており、来週の月曜日にAirPodsの作業が再開されても、中国全土の工場がウイルスの懸念から閉鎖されているため、部品が不足する可能性があると伝えています

他のAppleのサプライヤーと同様に、3つの主要なAirPodsアセンブラーは月曜日に作業を再開する予定ですが、現状を考えると、生産稼働率は最初の週でせいぜい50%にしか達さない可能性があります

中国全土の多くの町での旅行制限により、工場での労働力不足が発生すると予想されており、生産の立ち上げ率が低下する可能性があります

企業もまた、何万人もの従業員のいずれかが大規模な工場にウイルスを持ち帰ることを恐れて、生産を再開する速さを慎重に検討しています

(Via NIKKEI Asian Review.)

スポンサーリンク


Appleは2020年上半期に最大4,500万台のAirPodsユニットを生産することを目指していましたが、現在のAirPods在庫は不足しており、先日お伝えしたようにAirPodsはApple.comでのオーダーも約1か月待ちの状態です

先日は、一部のApple Storeで手に入れることが可能でしたが本日はすべてのApple Storeで店頭受取日が3月11日となっていました











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)