中国通信院のデータで、iPhoneが中国で12月は前年比18%増でした

中国通信院のデータで、iPhoneが中国で12月は前年比18%増でした

12月の数字は最新のiPhoneへの信頼を証明

中国通信院が9日示したデータによると、Appleは12月に中国でのiPhoneの出荷急増となりました

中国でのiPhoneの出荷台数は、12月に前年比18.7%増加して約318万台になりました、Bloombergの計算では、全体およびAndroidデバイスの出荷に関する政府データに基づいています

この増加は、9月のiPhone 11のリリースによって支えられた前月からの加速を示しています

Appleは、iPhone 11および11 Proデバイスのバッテリー寿命を延ばし、最低価格を50ドル下げました

カメラの長年の停滞の後、2019年にiPhoneの画質をオーバーホールし、カテゴリリーダーのGoogleとHuawei Technologies Coに追いつきました、このアプローチは、批評家からの圧倒的な好評を集めました

スポンサーリンク

中国マーケットは低迷

最新のデータは、特にAppleの収益にとって米国にとって2番目に重要な市場で、iPhone 11が前身よりも強く売れているという期待を裏付けています

出荷の急増は、1月下旬に落ちる旧正月に向けたAppleのスマートフォン販売に関する楽観論の理由となっています

CAICTによると、中国の12月のスマートフォン全体の出荷台数は3,000万台に満たず、2018年の同時期と比較して13.7%減少しました

Appleは海外の制裁や闘争に直面しているにもかかわらず、2019年に支配的な地位を獲得したHuaweiが率いる地元ベンダーとの激しい戦いを戦っています

(Via Bloomberg.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)