2020年のiPhoneにはさらに大きなバッテリーが付属する可能性がある

2020年のiPhoneにはさらに大きなバッテリーが付属する可能性がある

韓国のウェブサイトThe Elecによると、2020 iPhoneには、以前のiPhoneのバッテリー保護回路よりもほぼ50%小型で薄いITM Semiconductor製のカスタムバッテリー保護モジュールを使用する可能性があります

ITM Semiconductorは、SamsungにもGalaxy S11シリーズと同じ薄くて軽いバッテリー保護モジュールを提供しているようです

ITM SemiconductorはすでにAppleにiPhone 11シリーズのバッテリー保護モジュールを提供していますが、Appleはこれらのコンポーネントも台湾のCompeqおよび日本のMinebeaMitsumiから調達しているため、カスタムモジュールではありません

ITM Semiconductorのカスタムバッテリー保護モジュールは、MOSFET、PCB、および保護回路を組み合わせて、ホルダーケースを取り除くことができるようにします。これにより、バッテリー容量を増やすために使用できる貴重な内部スペースが解放されます

スポンサーリンク


Appleは今年、iPhone 11のラインナップでバッテリー容量を大幅に増やしました

iPhone 11 Proは昨年のiPhone XS Maxより最大6時間長く、5.8インチのiPhone 11 ProはiPhone XSより5時間長持ちします

2020年には、Appleは完全に刷新されたデザイン、5G、大型ディスプレイなどを搭載したiPhoneを発売する予定です

5Gの単独の追加は、バッテリーの消耗が顕著に増加するため、他のコンポーネントの効率を改善し、2020のiPhoneにもっと大きなバッテリーを取り付ける必要があります

(Source The Elec , Via iPhone Hacks.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)