Apple、2021年から年2回新しいiPhoneを発売する可能性がある

Apple、2021年から年2回新しいiPhoneを発売する可能性がある

年2回へ戦略変更

CNBCによるとJPMorganのアナリストSamik Chatterjee氏は、Appleが2021年から年に2回新しいiPhoneをリリースする戦略に変更する可能性があるとしました

戦略転換でAppleは従来の季節性を滑らかにし、6か月の期間に変更し、年間を通じて新しいiPhoneを発売する他のデバイスメーカーと競合する柔軟性を高めることができます

2011年以降、Appleは9月および10月に主要な新しいiPhoneをリリースしまし、12月に終了する四半期は、Appleの年間最大規模です

2020年9月に4つの新しいiPhone

Chatterjee氏は、Appleの2020年のiPhoneラインナップの予測を発表し、4つの新しいiPhoneモデルが2020年9月に発売されると予測しました、これは、Appleが2017年から使用してきた3モデル戦略からの変化です

また、アップルが春にiPhone 8に似た低価格のiPhoneをリリースすると信じています

2020年ラインナップには、画面サイズが5.4インチ(1モデル)、6.1インチ(2モデル)、6.7インチ(1台)のOLED電話機が含まれ、2019年には画面サイズの範囲を5.8インチから6.5インチに拡大すると報告しています

スポンサーリンク


アナリストは、増加した画面サイズのオプションと5Gのサポートにより、現在のiPhoneユーザーのアップグレードが促進される可能性があると指摘しています

先月、韓国のニュースサイトETNewsは同じ画面サイズについて述べましたが、6.1インチの画面を持つ2つの異なるモデルについては言及せず、モデルは5Gをサポートすると述べました

TF SecuritiesのAppleの主要アナリストMing-Chi Kuoは、Appleの2020年 iPhoneのすべてが5Gネットワ​​ークをサポートすると予測しています

彼も、 Appleが6.7インチ、6.1インチ、5.4インチのOLEDディスプレイを搭載したiPhoneを計画していると考えています

(Via CNBC.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)