Apple Watch Series 6は、より高速で優れた防水性を備えると予測される

Apple Watch Series 6は、より高速で優れた防水性を備えると予測される

Apple Watch Series 6

International Securitiesのアナリスト Ming-Chi Kuo氏のレポートでは、2020年のApple Watch Series 6は、より高速なパフォーマンスと、耐水性、および潜在的に高速なWi-Fiおよびセルラー向けの無線伝送の改善が予測されています

kuo氏は、これらの進歩すべてが新しいApple Watchで、現在使用されているポリイミドまたはPIと呼ばれる材料そ使用しているものから、フレキシブルサーキットボード用の液晶ポリマーまたはLCP材料への切り替えによって可能になると考えています

Kuo氏によれば、Dongshan Precision、Avary Holding、およびFlexium Interconnectが主要なLCPサプライヤになります

スポンサーリンク


Series 4モデルのS4チップと比較して、Series 5モデルのS5チップとの唯一の既知の違いは、組み込みのコンパスと新しい常時オンディスプレイドライバーを搭載しているため、来年にはパフォーマンスの向上が見込まれます。

耐水性については、Apple Watch Series 2モデルはすでに水泳やシャワーに適していて、最大50メートルの深さまでの耐水性があります

さらなる改善により、おそらくSeries 6モデルは、スキューバダイビングや水上スキーなどの一部の高速ウォーターアクティビティの認定を受けることができます

(Via MacRumors.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)