Appleは引き続き世界のタブレット市場をリードし、Amazonは2位

Appleは引き続き世界のタブレット市場をリードし、Amazonは2位

世界のタブレットマーケットは前年比4%減

前四半期の世界のタブレット市場は前年同期比4%縮小し、Strategy Analyticsの調査によると、2018年第3四半期の3,970万台の出荷が2019年第3四半期の3,820万台になりました

一般的な市場の縮小にもかかわらず、Appleは依然としてシェアの点で主要なタブレットベンダーであるだけでなく、昨年同期よりも多くのiPadを販売しました

Appleのマーケットシェアも昨年の24.4%から上昇し、2019年第3四半期の世界のタブレット出荷の26.5%に上昇しました

Global Tablet Shipment 00001 z

「Appleは、ほとんどのモデルにキーボードサポートを追加し、すべてのセルラーモデルにeSIMを追加することで、iPadを生産性向上デバイスに変えようとしています」とアナリストは主張しています

スポンサーリンク

Amazonが台頭

Appleがトップの座にいますが、Amazonの突然の台頭はタブレット市場の重要な変化と見なされる可能性があります

Global Tablet Shipment 00002 z

Amazonは2018年第3四半期のKindle Fireタブレットの220万台の出荷から2019年第3四半期の530万台になり、前年比141%の成長を達成し、市場シェアは前回の5.6%から13.9%に増加しました

対照的に、サムスンは530万台から500万台に減少し、前年比で5%減少し、13.2%で市場シェア3位に落ちました

Strategy Analyticsは、AmazonのデジタルアシスタントAlexaの使用量の増加と、小売業者によるPrime Day小売イベントのプロモーションが、少なくともこの四半期ではSamsungを超えて活気づいたと考えています

(Via appleinsider.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)