Mini-LEDディスプレイを搭載したハイエンドのiPadとMacBookが2020年後半から2021年半ばに発売か?

Mini-LEDディスプレイを搭載したハイエンドのiPadとMacBookが2020年後半から2021年半ばに発売か?

アナリストのMing-Chi Kuo氏は、2020年後半から2021年半ばにかけてMini-LEDディスプレイを搭載したハイエンドのiPadとMacBookをリリースする予定だと報告しています

TFインターナショナル証券のリサーチノートで、Kuo氏は、iPadとMacBookのディスプレイはそれぞれ、Appleの次期プロディスプレイXDRの576と比較して、それぞれ約10,000のLEDを使用すると付け加えました

各LEDのサイズは200ミクロン以下と言われ、Pro Display XDRのLEDよりも大幅に小さいと言われています

Kuo氏は以前、iPadとMacBookのモデルはそれぞれ10-12インチと15-17インチのディスプレイサイズを持ち、高価なMini-LEDディスプレイコンポーネントによりハイエンドデバイスになると予想しています、全体として、これらはおそらくiPad ProとMacBook Proモデルになると思われるが、Kuo氏は言及していません

スポンサーリンク


中型OLEDディスプレイの量産は徐々に改善されており、OLEDの広い色域性能はMini-LEDに匹敵しますが、Kuo氏はMini-LEDが焼き付きの問題を回避し、依存性を減らすためのAppleの最初の選択肢であると考えています、OLEDディスプレイの供給のためのSamsungへの依存を減らします

Kuo氏によると、LGディスプレイはMini-LEDディスプレイパネルを供給する一方、他のMini-LEDコンポーネントサプライヤーには、Epistar、Zhen Ding、Radiant Opto-Electronics、Nichia、Avary Holding、TSMTが含まれると言われています

Kuo氏は、Mini-LEDディスプレイが薄くて軽い製品設計を可能にし、良好な広い色域性能、高コントラストとHDR、およびローカル表示を維持しながら画面を黒く表示する領域のバックライトを暗くすることもできると考えています

(Via MacRumors.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)