AppleとEli Lillyは、iPhoneとApple Watchからのデータが認知症の兆候を検出できるかどうかを調査

AppleとEli Lillyは、iPhoneとApple Watchからのデータが認知症の兆候を検出できるかどうかを調査

認知症の兆候を検出

AppleはiPhoneおよびApple Watchにヘルス機能を追加しており、現在、Eli Lillyと協力して、デバイスからのデータが認知症の初期兆候を発見できるかどうかを確認しています

今週発表された調査によると、両社はヘルステックの新興企業Evidationと提携して、一般的な消費者向け機器を利用してアルツハイマー病などの認知障害をより迅速かつ正確に検出する方法を見つけました

Evidationの共同設立者Christine LemkeはCNBCに次のように語っています

この研究では、iPhone、Apple Watch、Bedditスリープモニターなどの日常的な行動データが、軽度の認知障害と初期のアルツハイマー病の人と症状のない人を区別するのにどのように効果的であるかを調べました

ECG 00004b

スポンサーリンク

米国では600万人以上が認知症で早期発見は難題

著者らは、認知機能低下の症状を持つ人々は、よりゆっくりとタイプし、より規則的にタイプし、健康な参加者よりも少ないテキストメッセージを送信することを発見しました

また、サポート アプリへの依存度が高く、アンケートに記入する傾向が低くなります。それでも、研究者は、より多くの分析が必要であるため、この研究には限界があり、さらなる分析が必要なため長期的な結論を導き出せないと述べました

また、それが引き起こす可能性のある不安が高まるため、患者に結果を提示するリスクもあります、さらに著者たちは、この衰退を食い止めるためにできることはあまりないと書いています

認知症の早期発見は重要です

なぜなら、病気の進行を止めることができなくても、早期診断により症状の管理と生活の質の改善が可能になるからです

世界保健機関によると、世界中で5000万人が認知症を患っており、毎年1000万人近くの新しい症例が発生しています

(Source CNBC , Via MacRumors.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)