Apple、プレスに招待状を送り、6月3日のWWDC基調講演を発表

Apple、プレスに招待状を送り、6月3日のWWDC基調講演を発表

WWDC 2019

Appleは 3月中旬にWWDC 2019を6月の最初の週に開催すると発表し、今日は過去の伝統に従って、6月3日の太平洋標準時午前10時にその会議の基調講演が行われることを確認しました

AppleはWWDCでiOS 13、watchOS 6、macOS 10.15を含む主要なオペレーティングシステムの最新バージョンを発表する予定です

噂によると、Apple は開発中の新しいハイエンドのハイスループットMac Proを発表するためにこのイベントを使うことを検討しているといいます、このイベントで他のハードウェアが発表されるかどうかは定かではありません

また、iOS用のダークモード、新しいボリュームのHUD、いくつかのアプリへのアップデートなど、発表される予定の新しいソフトウェアには大きな変更がいくつかあります

Appleの “Marzipan”クロスプラットフォームアプリケーションプロジェクトをさらに発展させ、iTunesを分割し、そしてiPadをセカンドディスプレイとして使用するためのソフトウェアを他の機能の中にもたらすと言われています

(Via MacRumors.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)