Apple、2019年前半に「ヘルスモニタリング」機能を搭載した次世代AirPodを発売か

Apple、2019年前半に「ヘルスモニタリング」機能を搭載した次世代AirPodを発売か

「Health Monitoring」機能を搭載

DigiTimesは、Appleは2019年前半にAirPods 2を発売する予定であり、ヘルスモニタリング機能を搭載する新設計のワイヤレスイヤホンは、熱狂的な市場の反応を受けることが期待されるとしています

ウェアラブルが2019年にリジッドフレックスPCB市場の成長を牽引すると予想されることに焦点を当てた記事に掲載されていますが、レポートはAirPodsの噂についての情報源を引用せず、Tiawanベースのプリント基板メーカーZhen Ding TechとFlexiumに言及しています

DigiTimesの情報源は信頼できる情報を提供することが多いが、その情報を解釈してAppleの計画を正確に解読することに関しては、このサイトにはさまざまな実績があります

11月には、Bluetooth Special Interest Groupの規制データベースに新しいAirPodのリストが追加されました

スポンサーリンク

第3世代はイズキャンセリング機能と耐水性

このアクセサリーのアップデート版はもうすぐ登場する可能性があり、新機能は記載されていませんが、データベースの今後のAirPodは、前世代のAirPodのBluetooth 4.0と比較して、Bluetooth 5.0仕様をサポートしています

Appleはまた、2020年に発売予定の第3世代AirPodの開発と、耐水性の向上により、AirPodが「水と雨の飛沫」に耐えることができる製品に取り組んでいると言われています

AirPodは完全に耐水性である可能性は低いですが、第3世代の AirPods は、ノイズキャンセリング機能を含み、AirPods が iPhone や iPad から離れて聴くことができる距離を増加すると噂されています

(Source DigiTimes , Via MacRumors.)










スポンサーリンク


LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)