Appleの新しい「ResearchKit API」は、Apple Watchでパーキンソン病症状を監視

Appleの新しい「ResearchKit API」は、Apple Watchでパーキンソン病症状を監視

Appleは、Apple Watchでパーキンソン病の症状を継続的に監視することを可能にする、オープンソースのResearchKitフレームワークに新しい「Movement Disorder API」を追加しています

新しい「ResearchKit API」

新しいAPIは、ResearchKitを使用しているアプリ開発者に、Apple Watch WatchOS 5を使用して受動的な終日監視を提供する機能を提供します

これを実現するために、APIは、震えを含むパーキンソン病の2つの非常に一般的な症状を監視します
Apple Watchによって検出された揺れと震えとジスキネジアは、パーキンソン病の治療の副作用であり、患者の幻覚と揺らぎの原因となります
ResearchKit 003 z

スポンサーリンク


現在、医師は、診察中に患者にこれらの症状の重篤度を評価するための物理的診断検査を行うよう依頼します、医師に長期にわたり症状を広く見せるために、患者は診療所にいないときに日記を手作業で保管することも奨励されています

目標は、Apple Watchユーザー用のMovement Disorder APIを使用して、そのプロセスを自動的かつ連続的にすることです
ResearchKit 002 z
アプリは、患者さんや医師のためのデータをグラフに表示して、毎日の内訳だけでなく、時々刻々の症状の変動を表示することもできます

Appleは、パーキンソン病の患者から収集したデータを使用して、新しいAPIをデザインし、パイロットしたと説明しました

新しいMovement Disorder APIの導入に関連したパーキンソン病の場合、iPhoneアプリmPowerは1万人以上の参加者を抱えています

mPower のようなアプリは、すでに iPhone のジャイロスコープや他のセンサーだけでなく、器用さ、バランス、歩行、およびメモリのようなものを追跡するための Apple Watch をタップするために ResearchKit を使用しています

新しいMovement Disorder APIは、研究者に、Apple Watchでこれらの症状を受動的に追跡するための新しい方法とより多くの圧縮データを提供します

DevsはMovement Disorder APIへのアクセスを得るためにコード署名の資格を申請しなければならず、AppleはwatchOS5の第2の開発者リリースから利用可能にする予定です
それと同時に、ResearchKit GitHubページでデモコードとサンプルスタディアプリを入手できます

(Via 9to5Mac.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)