Apple & Bain、東芝のメモリチップ事業部を180億ドルで買収、Appleはメモリチップ市場でより大きな地位を占める

Apple & Bain、東芝のメモリチップ事業部を180億ドルで買収、Appleはメモリチップ市場でより大きな地位を占める

東芝はベインキャピタルにメモリ事業の売却を完了

東芝はベイン・キャピタルへの販売を正式に完了しているため、Appleはメモリチップ市場でのより大きな地位を占めることになります、Appleはコンソーシアムの一員であり、東芝のメモリチップ事業に勝利した

このコンソーシアムには、韓国のチップメーカーSKハイニックス、Apple社、デルテクノロジーズ、シーゲイトテクノロジー、キングストンテクノロジーが含まれています、東芝はチップユニットの40%を引き続き保有しています

東芝は、ウェスティングハウスの子会社の故障により危機を鎮圧するためにユニットを売却しました

他の入札者には、長年のAppleのパートナーFoxconnとWestern Digitalが含まれていました、2017年中頃のある時点で、AppleとDellはFoxconnとのコンソーシアムの一員としてビジネスのための入札に参加しましたが、そのグループはベイン・キャピタルに敗れました

スポンサーリンク


昨年の秋のレポートでは、30億ドルもの高額を記録したものの、Appleがどのくらい投資したかは分かっていません

この買収により、AppleはNANDチップへのアクセス権を付与すると同時に、サプライチェーンの多様化という最近の出来事も継続しており、すでに2018年のiPhoneラインのカメラとスクリーンの両方でこれを行っています

画像元:iFixit(MacBookマザーボード、オレンジ色が東芝)
(Via appleinsider.)

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で酔いどれをフォローしよう!










スポンサーリンク


LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)