HomePodの失望させる販売報告にも関わらず、楽観する6つの理由

HomePodの失望させる販売報告にも関わらず、楽観する6つの理由

Bloombergが、HomePodの販売予測を引き下げ、一部の注文を削減したことをお伝えしました

しかしこれは、Slice Intelligenceのデータに基づいており誤解を招く印象を与えるとして、6つの理由を挙げています

1. 価格帯が大きく異なるデバイスを比較している

HomePodはライバルよりもはるかに高価なスピーカーであり、iPhoneを所有し、Apple Musicサブスクリプションを持っているか、iTunesですべての音楽を持ち、iTunes Matchに登録しているユーザーにとっては、有用である

市場が限られている350ドルのスピーカーの売り上げが、大衆市場向けの50ドルのデバイスに匹敵すると予想するのは妥当ではない

2. 売上高ではない

Appleは売上高を気にせず、利益を気にしている

HomePodの収入は小さくありません、Appleは4%の市場シェアをしか持っていないかもしれないが、Slice独自の数字は、収益の19%のシェアに相当すると言っているので、単一の第一世代の製品では、特に心配する数字だとは思わない

3. アップデートで複数台購入の可能性

Appleは、まだ複数の購入のための市場のロックを解除していない

ステレオペアリングとマルチルームサポートを可能にするようにアップデートをするとすぐに、1台だけでなく複数の購入をする人は少なくない

スポンサーリンク

4. Apple Musicとの相乗効果

スピーカー自体はAppleの唯一の収入源ではない

iTunes MusicライブラリでHomePodを使用することは可能ですが、Apple Music サブスクリプションを使用すると、より多くの価値を得ることができ、まだ購読していない場合は、HomePodを購入することが強いインセンティブになります

すでにApple Musicを購読している場合、HomePodを購入すると、その月額10ドルの料金を引き継ぐことが事実上保証されます

5. まだ、これからiPodのように進化する可能性

これは第一世代の製品です、AppleがHomePod miniとHomePod maxを作成する可能性があるという憶測がすでに出ている

私の同僚Bradley Chambersが私たちがそれについて議論しているのを見て、第1世代のiPodと非常によく似たレビューを得ました、iPodは高価でニッチ市場だと言われました

しかし、時間が経つにつれてデバイスが進化して、必需品に変わりました

6. プライバシーを優先する風が吹いている

HomePodの批判の大部分は、Siriがライバルのスマートスピーカーの能力を欠いているということでした、それは本当ですが、これはAppleが顧客のプライバシーを優先するためです

Facebookのプライバシーに関するスキャンダルは大きなニュースになっており、消費者は自分の個人データで急速に遊ぶ企業にはますます警戒するようになります

(Via 9to5Mac.)










スポンサーリンク


LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)