AppleのiPhoneでの減速が59の集団訴訟を起こす

AppleのiPhoneでの減速が59の集団訴訟を起こす

iPhoneの減速

古いバッテリーでiPhoneを遅くするAppleの決定を思い出してください
この動きは、2016年秋にかなりの数のiPhoneに影響を与えた予期しないシャットダウンを防ぐためのものでした、Appleが2017年初頭にこの問題を修正したとき、その修正が何を伴うのかは明らかではありませんでした

11月下旬になって、iPhoneユーザーは、iOSが古いバッテリーを搭載したiPhoneを遅くし、パフォーマンスを大幅に低下させることを発見しました
Appleは12月以来、顧客に謝罪し、影響を受けるユーザーを支援する新しいプログラムを導入しています

しかし、それでもiPhoneの所有者がAppleを訴えるのを止めませんでした、12月以来、59件以上の別々の訴訟が提起されている、とThe Wall Street Journalは報告しています

訴訟が集団訴訟の地位を求めているため、アトランタの法律会議が3月29日に予定されており、59の訴訟すべてを1つの訴訟にまとめることができます
弁護士は、ケースと裁判所の場所の主任弁護士を選ぶことができる、とWall Street Journalは説明しています

スポンサーリンク

多大な費用がかかる

専門家によると、アップルに対するケースの数は珍しいと言われています、2010年に提出されたiPhone 4の「Antennagate」スキャンダル件数のほぼ3倍です
当時、アップルはiPhone 4の所有者に現金15ドルまたは無料のケースを提供していたが、この見積もりによれば、和解費用は3億1500万ドルでした

法律専門家は、Appleがこの問題を認めて以来、十分に行っているように、この特定のケースでは、原告は険しい戦いに直面していると考えられます

Appleは1年間の電池交換費用を引き下げ、iOSの新しい電池設定を導入しました、これによりユーザーはスピードの減速を防ぐことができます

それでも、Appleは原告に対して何年も費やすことを望んでいないかもしれません、また訴訟が裁判にかけられた場合に、同社はその製品に関する機密情報を開示しなければならないかもしれません

Appleはユーザーに新しいモデルにアップグレードさせるためにiPhoneの速度を落としているわけではないということを今、何ヶ月も論じてきました、この訴訟の中には、Appleの調整機能が正確にそうしていると主張しているものがあります

今年だけでも、iPhoneの減速の悪化は、iPhoneのユーザーが新しいiPhoneではなく電池の交換のために、102億9000万ドルの費用がかかると推定されています

(Via BGR.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)