高速充電の新時代!Apple Watchの充電がこれからどう変わるか

高速充電の新時代!Apple Watchの充電がこれからどう変わるか

Appleはアクセサリー製造業者向けに、今後は高速充電モジュールのみを提供する伝えています。これにより、古いタイプの遅い充電器は徐々に姿を消していくことになります。

AppleのMFiプログラムとは、Apple Watchの充電アクセサリーを作るためには、Appleから正式な充電モジュールを取得する必要があるというものです。だから、Apple Watchの充電器はあの特徴的な白いデザインなのです。

この変更は、第三者製のアクセサリー業者に大きな影響をもたらすでしょう。そして、それは我々消費者にも影響してきます。Appleは、新しいモジュールを発表してから数年後に、古いモジュールの供給をやめることを決定しました。

以前、Appleは新しい充電モジュールの供給に問題を抱えていました。そのため、製品を市場に出す際に、遅い充電モジュールを使うしかなかったという話も聞かれました。


消費者としては、新しい充電アクセサリーを買っても、最新の技術が使われていないというのはちょっと残念な気がしますよね。

Appleからの情報によれば、今後は高速充電機能を持つ新しいモジュールに注力するとのこと。そして、Apple Watch Series 7の登場とともに、この新しいモジュールが導入されました。

アクセサリーの製造業者は、2023年8月31日までに、古い遅充電モジュールを使った製品の計画をAppleに提出することが求められています。そして、2023年9月30日がそのモジュールの最後の注文日。それ以降は、新しい高速充電モジュールを使うことが必須となります。

これは、消費者にとっては、新しい高速充電のApple Watchアクセサリーがどんどん登場するということ。ただ、高速充電モジュールはコストが高いため、価格が上がる可能性もあるとのこと。


iPhoneに関しても、新しいワイヤレス充電モジュールが提供される予定です。特に注目すべきは、Qi2という新しい充電技術。これはAppleのMagSafe技術をベースにしています。

Appleはこの技術をさらに進化させ、新しい充電アクセサリーにも柔軟性を持たせる方向で動いているようです。

これからのAppleの動きから目が離せませんね。高速で効率的な充電体験が待ち遠しいです。

(Via Apple Insider.)







LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)