Apple Watch Series 8 、新たな体温センサー搭載の可能性は低い

Apple Watch Series 8 、新たな体温センサー搭載の可能性は低い

昨年のApple Watch Series 7が発売前のプレスリリースに応えることができなかったため、多くの人が今年のSeries 8モデルにはもっと画期的な改良が加えられると期待していましたが、どうやらまた反復的なアップグレードが行われることになりそうな気配です

BloombergのMark Gurman氏は、Appleのウェアラブル端末が大きくデザイン変更されるという噂と同時に、新しいヘルスセンサーが追加される可能性は極めて低いと警告していました

土壇場での生産上の問題により、わずかな希望がありましたが、最終的にはGurman氏が正しかったことがわかりました

その代わり、Gurman氏はApple Watch Series 7で期待できるのは体温センサーだと述べ、それさえもおそらく間に合わないと注意を促し、2022年にApple Watch Series 8で登場する可能性の方が高いと指摘しました

これは、血圧と血糖値については、実際にはそれほど驚くべきことではありません, Appleは、ある程度の精度で把握するという課題に直面しています

スポンサーリンク


いくつかの噂は、同社がApple Watch Series 6のために血圧のソリューションを持っていましたが、精度に重大な問題があったため廃棄しなければなりませんでした

しかし、Appleは昨年のSeries 7に体温センサーを追加したかったが、単にそれが時間内に準備することができなかったということがあったので、今年体温センサーを取得していないという考え方は、より大きな驚きです

公平に見て、Gurman氏はそれが来ていないという決定的な情報を持っていません、しかし、彼はそれについてあまり聞いていないと言います

Appleは今のところそれを棚上げしている可能性があることを意味します、しかし、この種の健康センサーの難しさは、Appleがより高いハードルに到達しなければならないことです

Apple Watch Series 8 0112 001

Appleがウェアラブルに追加した最後の主要な健康機能、Series 6の血液酸素センサーが、医学専門家によって何の有用性も認定されていないことを考えてみてください

スポンサーリンク


しかし、体温、血圧、血糖値は、心拍数や心電図と同様に、より重要な測定値であり、したがってAppleは、それらが可能な限り堅実で信頼できるものであることを確認する必要があります

しかし、Apple Watch Series 8が新しい物理センサーを獲得しないとしても、Appleが他の重要な健康機能をウェアラブルにもたらすことに取り組んでいないわけではありません

The Wall Street Journalは昨年秋、Appleが今年も「より野心的な健康関連の改良」を行う可能性があると報じ、これには睡眠時無呼吸症候群を検出する機能や、おそらく血中酸素センサーの改良が含まれ、医療指導を行うための適切な認定を受けられるようになるとしています

(Via iDropNews.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)