Apple Watch Series 6の分解で、より大きなバッテリー、Taptic Engineが明らかに

Apple Watch Series 6の分解で、より大きなバッテリー、Taptic Engineが明らかに

修理会社のiFixitが、Apple Watch Series 6の分解を完了し、洗練されたデザイン、より強力なバッテリー、より大きなTaptic Engineが明らかになりました

Apple Watch Series 6は、血中酸素センサーや新しいカラーオプションなどいくつかの重要な機能が追加されましたが、外観に関しては、前のApple Watch Series 5とほぼ同じように見えます

iFixitは、44mmのGPS+LTEを搭載するApple Watch Series 6モデルの分解を公開しました

iFixitが、最初に指摘したことの1つは、新しいウェアラブルが上部からではなく側面から開くことです、また、Appleの「Force Touch」ガスケットが削除されたため、端末を開けるのも少し簡単になっています、この圧力感知機能はwatchOS 7で削除されています

IFixit Apple Watch Series 6 00001 z

44mmのApple Watchのバッテリーは1.17Whの容量に跳ね上がり、Apple Watch Series 5よりもわずかに3.5%増加したことになります、Appleはまた、小さい40mmモデルはバッテリー容量を1.024Whにアップし8.5%の増加となっています

IFixit Apple Watch Series 6 00002 z

Apple Watch Series 6に搭載された新しい明るいディスプレイは、わずかなデザインの違いと、よりシンプルなケーブル配線が特徴です、また、AppleはApple Watchの新モデルでTaptic Engineのサイズを大きくしています

スポンサーリンク


新しいApple Watchの頭脳に関しては、パッケージに搭載されている従来のICのほかに、239.7と記されたSkyworksチップが搭載されているとiFixitは指摘しています

Apple Watch Series 6のややスリムなプロファイルは、ケースが変更され、Force Touchガスケットが取り除かれたことに起因していると思われ、また、フレームのフットプリントも変更されており、リップが狭くなっています

全体的に、iFixitは「気難しい」Force Touchガスケットの除去と、壊れやすいディスプレイケーブルを2本に集約したことを称賛しています

また、Appleが大容量バッテリとTaptic Engineをスリムなフレームに収めることに成功したことについても、「印象的」だと述べています

(Via Apple Insider.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)