Apple Watch Series 6の血中酸素濃度機能は、日本を含む世界のほとんどの国で利用可能

Apple Watch Series 6の血中酸素濃度機能は、日本を含む世界のほとんどの国で利用可能

Appleは昨日、血中酸素濃度機能を持つ新しいセンサーを搭載したApple Watch Series 6を発表しましたが、どの国でこの機能が利用できるかは明らかにしていませんでした

Apple Watch Series 6 00004 z

心電図(ECG)や不規則な心拍数通知のようないくつかの健康機能は、規制要件のために利用可能性が制限されていますが、これらの要件は血中酸素濃度機能には適用されないようです

Apple Watch Feature Availability」 のページによると、血中酸素濃度モニタリングは、日本を含む100カ国以上で利用可能であり、Appleが克服しなければならない健康関連の規制上の問題がないことを示唆しています

Blood Oxygen 00001 z

スポンサーリンク

血中酸素濃度の使用に関するサポート文書には、「特定の国や地域では」でしか利用できないと記載されていますが、いくつか抜けがあるかもしれません

この機能に特化したApple Watch Series 6の購入に興味がある人は、入手ページを再度チェックして、血液酸素モニタリングが自国でサポートされているかどうかを確認する必要がある。

Apple Watch Series 6での血中酸素濃度の測定は、新しいBlood Oxygenアプリを使って行われ、一連の赤と緑のLEDと赤外線を使って皮膚で反射される光の量を測定し、そのデータを使った高度なアルゴリズムで血の色を計算して血中酸素濃度を算出します

明るい赤の血液は酸素が多く、暗い赤の血液は酸素が少なくなります

(Via MacRumors.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)